2006年12月27日

「貯竹」 伊藤市長を訪問

 本日大雨警報が発令されている中、朝8時に伊藤康志大崎市長を訪問いたしました。

市民自ら祭りに参画し、市民自らの力で盛り上げていけるようにしたい。 という「貯竹運動」の趣旨を市長に伝えてきました。併せて実行委員会の厳しい財政事情も説明させていただきました。

γ????.jpg

 伊藤市長からは笹舟レースについてのアドバイスなどをいただきました。

 大崎市岩出山で行われた「政宗公まつり」を引き合いにだされ、「全国から人が呼べるような大会にしたいですね。」と仰っていただきました。 甲冑コスプレ好きの方は全国にいるらしく「政宗公まつり」では甲冑を着て参列する人の中に、なんと沖縄から来た方がいたそうです( ゚д゚)ポカーン。 
  

  市民の方だけではなく全国から人が集まり、楽しめる大会にできたらすごいですね。

 
 市長とのお話により、市長室を始めとし市民課窓口など大崎市役所に「貯竹」を5本置いていただくことになりました。ありがとうございます。

 
 「じゃ、最初の募金をさせていただこうかな・・・」

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
 「期待してますよ、市長。目標は20万って言いましたが、ほんとは30万。これでも間に合うかどうか・・(´Д⊂ヽ太っ腹なところを見せてくださいよ〜(屮゚Д゚)屮カモォォォン
 と30男の心内。

 ちょっと部屋に戻った伊藤市長。

 お財布を持ってきて、貯竹にお金を入れました!!!!!


γ??.jpg

・・・・「ボッ、ボボッ」
・・・・「ボッボ、ボ」
・・・・「ボ、ボ」
・・・・「ボボボ」
・・・・「ッボボ」

と竹の底に設置したペットボトルに、なにやら硬い物質?があたる音が・・

「あれ、おかしいなあ、紙幣って硬いっけ?」と30歳子持ちの男が考えること1分。 
 
 「・・・・あ、小銭だわ」


 

というのは冗談です。 ご協力ありがとうございます(´∀`)。

伊藤市長、関係者のみなさま、お忙しい中お時間をいただきまして真にありがとうございました。


 1月上旬には醸室やリオーネなどの集合施設や商店に、計22本の「貯竹」を置かせて頂こうと考えています。
 もし見かけましたら、ご協力お願いいたします。


           

 
posted by 委員会 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 貯竹運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。